富士五湖の湖畔で夢のような別荘生活

ストレス社会の中で避暑や保養のために少し長い休みを取って、自然が豊かな静かな景観の中で心身ともにリフレッシュしたい、そんな夢のような生活を想像したことはありますか。普通は、自宅でゆっくり出来ることでさえ贅沢な時間の過ごし方と世間では言われていますが、避暑地や保養地に別荘を立てて、一年のうちのほんの僅かな時間だけそこで過ごすなんて、一般庶民には夢のまた夢のような世界です。

 

もし、全てに余裕があって別荘を建てるとしたら、まずは候補地を考えるのですが、湖の近くなんていかがでしょう。自然豊かな景観を楽しみながら湖畔を家族や友人と散策し、たまには釣りなどのアクティビティを楽しんで余暇を過ごすなんてとても憧れます。

 

具体的には、日本で自然が豊かで特別な景観といえば、真っ先に富士山を想像する人も多いでしょう。そして富士山には本栖湖、精進湖、西湖、河口湖、山中湖からなる富士五湖があります。そこには有名な別荘地もあり、別荘生活をするにあたって必要なインフラや買い物に不自由しないでしょう。では、別荘地が決まったところで、次はどのような別荘を建てるか考えます。

 

別荘だからといって必ずしも特別な建築物にする必要はないと思いますが、先述した富士五湖のような高冷地なら、凍結に強い基礎工事を検討しないといけません。さらに、屋根への積雪も考慮しないと落雪による建物の破損や劣化の原因になります。外観がロッジのように大きな三角屋根の別荘が多いのは、こういった自然災害への対策になっています。また、高気密の建物にする事で、一年を通して快適な生活を送る事が出来ます。

 

また、自然の景観を楽しむのであれば大きな開口部やサンデッキも是非とも欲しいです。サンデッキでバーベキューを楽しむも良いし、柔らかな日差しの下で読書をするのも素敵ですね。そして将来、別荘で過ごす時間が増えて、もしかすると永住する可能性もありますので、自然に強く年中通して過ごしやすい建物を建てたいです。

 

さて、これらの別荘を建てるにはいくらほどかかるか調べてみましたが、建物だけで2,000万円前後が多いようです。あとは土地とインフラを整えて、固定資産税もありますね。自然の中だとマメに手入れもしないと…

 

やはり、一般庶民には別荘は夢の世界のようです。憧れをもちながら日常生活を頑張るしかないですね。そうすれば夢が現実になるかもしれませんよ。