現実から離れた生活が送れる空間作りを。

別荘と聞くと、超高級住宅地に建っているイメージがあって現実とはかけ離れた感じがします。普段忙しく仕事をこなしているので別荘くらいは自分の好きな空間にしたいと思います。

 

私は綺麗なカントリーな雰囲気が好きです。ふわふわした花柄や優しい女の子の絵は見ているだけでとても優しい気持ちになります。そんな空間が広がる場所で過ごせたら癒されるだろうなと思います。私は田舎が好きだし、田舎でないと住めないと思っています。なので別荘の第一条件は田舎にあること。そこまで大きな家じゃなくていいです。

 

大きすぎると管理が大変なので寛げるスペースがあればいいです。でも窓は大きいものがいいです。大きな窓を開けると目の前には緑が広がります。心地よいそよ風が吹いていて木々が気持ちよさそうに揺れているのです。窓の外には小さなウッドデッキがあって感じのいいテーブルとイスがあって、そこでハーブティーを飲みながらティータイムを楽しみたいです。

 

室内は木調で統一したいです。より自然を感じたいのです。家具も木調で統一します。キッチンは対面式キッチンで大きな窓から一直線に繋げます。そうすれば料理をしながら外を眺めることができるので、大好きな料理をしながら外を眺めることができます。食器もなるべく木調で揃えます。

 

寝室はあまり物を置きません。寝室に色々な物を置いてしまうと生活感が出てしまってせっかくの別荘なのに癒されなくなってしまうのでシンプルに仕上げます。枕元に置くランプもカントリー調の物にします。寝る前は一切の機械音をなくし、外から聞こえる音だけに耳を澄ませて読書をします。何も考えなくていいような空間を作ります。

 

一番こだわりたいのは庭です。小さくていいから庭が欲しいです。自分の好きなスペースにしたいので季節の花々を植えたり好きな置物を置いたりして自分だけの庭作りを楽しみたいです。友達を呼んで女子会なんかもできたらいいです。せっかくの別荘なので普段味わうことのできない体験ができるような家がほしいです。